学術部

遺伝子・染色体検査研究班

□ 活動目標

遺伝子・染色体分野は、主にウイルスや細菌などの感染症検査、白血病や各種癌における悪性腫瘍の遺伝子診断、出生前診断・胎児診断、体質診断とも呼ばれる体質検査および疾患感受性検査、また遺伝薬理学的検査など多岐にわたります。
現在、遺伝子検査はまだ日常的に行っている施設は多くないかと思われますが、このような遺伝子検査は、今後日常検査においてもかかせない検査になってくるものと思われ、その正しい知識と技術が必要になると考えられます。
その際に少しでも役に立てるような研修会を開催していきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

□ 構成人員
  氏 名 施設名 施設URL
班 長 村上 晶子 愛媛大学医学部付属病院 http://www.hsp.ehime-u.ac.jp/
□ 認定取得方法

(一社) 日本臨床衛生検査技師会
    認定臨床染色体遺伝子検査師(25年度試験要項
(一社) 日本臨床検査同学院
    遺伝子分析科学認定士(初級)
    一級遺伝子分析科学認定士会

□ 年間行事予定

遺伝子・染色体(四臨技班長:新家 敏之)
日 時:平成27 年11 月
場 所:香川県
内 容:血液疾患に関する遺伝子・染色体検査

□ 活動報告

研究班のご紹介