渉外部からのお知らせ

「介護・健康フォーラム」に参加して

フジグラン北宇和島「介護・健康フォーラム」に参加して

 

(一社)愛媛県臨床検査技師会

副会長  原  正樹

 

 平成31年1月26日(土)・27日(日)に、株式会社フジが各地で開催しているイベントの一つである「介護・健康フォーラム」が、フジグラン北宇和島のかがやき広場で開催され、他団体による介護やリハビリについての相談や肌年齢や骨密度等の測定が行われるなか、我々臨床検査技師は、宇和島市と協力して認知症の早期発見のためのタッチパネルによるスクリーニングテストを実施し、さらに啓発活動として認知症に関して“どの様な検査がなぜ必要なのか”等について資料を使い認知症の簡単な説明を行いました。

 この2日間で認知機能のスクリーニングテストを希望された方は271人で、その中には認知症の診断を受けている方も来られていましたが、そうではない方の中にも認知機能の低下が疑われる方が数名おられました。今回は対応が必要とされる方は、宇和島市地域包括支援センターが相談や対応を行う体制であったので、事業の在り方としてとても良かったと思っています。

 株式会社フジは、来店するお客さんの健康をサポートするようなイベントを各種団体の協力のもと定期的に開催しています。平成30年度、愛媛県臨床検査技師会は株式会社フジ主催で同月12日(土)にエミフルMASAKIで開催された「健康フェスタ」に初参加しました。ここで私たちは大型SCでの市民の方への啓発活動の経験を得ました。系列のイベントとしては今回が2度目となりますが、株式会社フジにおかれても私たちの活動はインパクトを持たれて今後の継続も求められています。

 今この時代に、一般社団法人として地域社会に求めることと求められることを再認識し、今後も地域の企業の方々との連携・協力していくことで地域社会への貢献に繋げ、職域を超えたニーズも高まってくるものと思います。是非、会員のご協力によりこの事業を継続していけるようにと願います。

 最後になりますが、今回お世話になりましたフジグラン北宇和島のスタッフの方々、宇和島市包括支援センターの方々、ご一緒しました他団体の方々に感謝申し上げます。

 

 

会場風景

 
   
   

 

 

 

キーワード検索